知らないと損をする信用取引のメリット3選

預けた以上の資産を運用できる

株の売買では、証券が会社にお金を預けた資産で行うことになりますが、信用取引を行えば自分が預けた資産の3倍の額を株の売買の費用に充てることができるようになります。ですから、大きな利益を狙えるチャンスが増えるということになりますから、うまくいけば資産を大きく増やすことができるということになります。ただし、信用取引をするに当たっては、口座を開くときに簡単な審査がありますから、審査に合格する必要があります。また、リスクも当然ながらありますから、それを知った上で信用取引を行うようにしましょう。

手数料が安いということ

株の売買を頻繁に行うデイトレーダーのような人の場合、一回一回のトレードに手数料がたくさんかかってきては、せっかくの利益も少なくなってしまいますよね。そこで、信用取引として株のトレードを行うと、現物取引で株の売買をした時よりも手数料を低く抑えることができる場合が多いです。一回のトレードでの手数料の違いはわずかかもしれませんが、何回も取引をして、それが積み重なってくるとかなりの額になりますので、そういった意味でも信用取引はメリットが大きい取引であると言えるでしょう。

空売りをすることができる

信用取引の魅力の一つに空売りを行うことができるという点を挙げることができます。空売りとは、株の売買などの初心者はあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、簡単に言うと、株を証券会社から借りてきて市場で売るということです。売った株は値が下がった時に買い戻して証券会社に返せば、その差額が利益になります。このように、信用取引で取引を行うことができるようになれば、株価が下がる局面であっても利益を狙うことができるということが言えるでしょう。

信用取引とは主に相場取引で使われる用語になります。預けた証拠金以上の取引が出来る仕組みです。日本では株取引では3倍、FXだと25倍です。レバレッジとも言います。