着実に行こう!ビジネス英語を制してスコアアップを目指せ!

ビジネス英語とはどんなもの?

近年、英語力を測るためのテストとして、ビジネス英語が主体の試験が採用されるようになりました。毎年複数回の試験を開催していて、毎回多くの受験者が参加しています。だれでも受験することは可能で、仕事をしたことのない学生でもテストを受けられます。試験の内容は、ビジネスシーンを想定しているものが多く、リスニングの試験では、会社案内をしている様子、ランチの時間の調整をしている様子などが流れます。リーディング試験では、会社のパンフレットや打ち合わせ資料などが出題されます。

マークシート方式の試験

最も有名なビジネス英語の試験は、マークシート方式です。3択もしくは4択の選択肢から適切な回答を選びます。濃い鉛筆で塗った方が少ない時間でマークを埋められるので時間の節約になりますよ。制限時間内に解ききれなかった場合でも、空いているところをランダムに埋めれば、若干は正解率が上がるかもしれません。しかし、正確なビジネス英語能力を測るのであれば、解き切れないときには解答用紙を無理に埋めないほうが良いでしょう。

ビジネス用語を覚えておこう

ビジネス英語の試験なので、問題に出される英単語はビジネス用語が多くなります。重役会議室、CEO、履歴書、年次報告書などの単語が英語で表記されています。大学受験に向けた勉強をしているとこういった単語はあまり出てこないので、穴となって抜けている場合があります。試験を受ける前に、試験に特化した単語帳を覚えておくと理解できる英文が増えていきますよ。その反対に、差別や戦争、怪我や病気などのイメージのある単語は出題されにくいので、覚えるときに排除できます。

基本情報技術者の試験は国家試験で難易度は高めですが目標に向かって努力を怠らなければ取得できる資格です。